CONTACT

化粧シートのメリットについて

弊社では様々な化粧シートの施工に関する業務を行っております。この化粧シートには独自の特徴があり、それゆえに多くの方に支持をされているといえます。それでは、この化粧シートを使用することには、どのようなメリットがあるといえるのでしょうか。

まず第一に、シートの施工を短時間で行うことができるということが挙げられます。シートをきれいに貼るには、しっかりとした技術が求められますが、シート施工自体にそれほど時間がかかることはありません。また、素材の特性として汚れにくく、耐水性もしっかりとしています。シートというと、すぐにキズがついてしまったりするのでは?と思われがちですが、耐久性も優れています。そして、ラインナップも豊富ですので、用途などに応じて様々なデザインの柄でインテリアを楽しむことができます。

株式会社HIGASHIはこれまでシート施工を専門に扱う施工会社でしたが、新たにDボードを代表とするパネル工法の事業に参入致しました。もちろん、ダイノックを始めとし、オルティノ、パロア、リアテック、ベルビアンなどのシート施工も対応しております。「確かなクオリティ」を納得のコストで皆様にご提供致します。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ダイノックシートと他の化粧シートの違い

弊社では様々なシートの施工をさせて頂いております。ダイノックシートは代表ですが、木目調、単色のものに加えて、メタリックの柄などでインテリアを整えるのに役立たせることができます。実はこのダイノックシート以外にも様々なシートがあります。今回はそういったシートとダイノックシートとの違いについてお伝えします。

まずは、ダイノックシートの他にはオレフィンシートがあります。オレフィンというのは素材の種類のことですが、フローリングや家具などに使用されます。続いて、リアテックというシートがあります。こちらは建築内装としての柱や家具などに使用され、様々なデザインがあります。上記に関しまして、ダイノックシートはオレフィンシートとは素材が異なりますし、製品の種類の観点からはリアテックとも違いがあるといえます。

株式会社HIGASHIはこれまでシート施工を専門に扱う施工会社でしたが、新たにDボードを代表とするパネル工法の事業に参入致しました。もちろん、ダイノックを始めとし、オルティノ、パロア、リアテック、ベルビアンなどのシート施工も対応しております。「確かなクオリティ」を納得のコストで皆様にご提供致します。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

化粧シートにはどのような種類があるか

弊社では様々な化粧シートの施工に関する業務を行っております。皆さんは化粧シートにはどのような種類があるのかについて、ご存知でいらっしゃいますでしょうか。今回は化粧シートの種類について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

まずは、メラミンの化粧シートです。こちらは高圧と低圧の2種類があり、家具や什器の表面材として使用されやすい傾向にあります。ポリエステル化粧シートは、様々な柄が用意されているのが特徴で、汚染性にも強い耐性があります。オレフィンシートは、非塩ビシートと合板・繊維シートを貼り合わせたもので、環境にも優しい素材となっています。塩ビシートは、ダブリングタイプとワイピングタイプとがあり、耐水性・耐候性に優れています。プリントシートは、表面強度がそれほど高くはない反面、垂直面として使用されることが多いです。

株式会社HIGASHIはこれまでシート施工を専門に扱う施工会社でしたが、新たにDボードを代表とするパネル工法の事業に参入致しました。もちろん、ダイノックを始めとし、オルティノ、パロア、リアテック、ベルビアンなどのシート施工も対応しております。「確かなクオリティ」を納得のコストで皆様にご提供致します。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

エレベーターの内装を行い高級感を出す

エレベーターにはさまざまな内装の種類があります。標準のもので特に内装を行っていないもの、鏡が用いられているもの、ガラスが用いられているもの、コンセプトを設定すて内装にこだわっているもの、絨毯を敷いてあるもの、ディスプレイが設置されているものなどさまざまな種類があります。

古くなったエレベーターは、汚れや圧迫感が目立ちやすいものですが、エレベーター内装によってエレベーター内部の印象をより良くすることができます。

特にマンションやオフィスビルは、希望者が物件選びをする際に、エレベーターやエレベーターホールの雰囲気を気にされるケースもあるといわれていますので、より明るく清潔感のあるエレベーター周りにしておくことも入居率を高めるポイントでもあります。

最近は、ダイノックシートなどを用いたエレベーターの内装が注目されています。エレベーターは、毎日不特定多数の人々が利用するため内装に傷がつきやすいものですが、ダイノックシートは、エレベータ内部で物がぶつかったり擦れたりした際の傷や引っ掛かりの傷に強いため、傷がつきにくく見た目もよいところが特徴です。

また、シートのデザインが豊富なので、エレベーター内装を行う際のコンセプトにより近いデザインのシートを選ぶことができます。

Dボード(パネル工法)のことはもちろん、ダイノックシートやパネルの自社制作についてご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

Web会議の多い会社さんは内装リフォームがおすすめ

新型コロナウイルスの感染拡大によって、これまでの働き方大きく変わられたという方も多いかと思います。

リモートワークを行う機会や取引先とのweb会議などのオンライン上でのやりとりが増えたという会社さんも多いのではないでしょうか?新しい働き方が広がるにつれて、注目されているのが、企業の内装リフォームです。

これまでは、業務に関わるスタッフが自宅と会社でやりとりを行うことが増えたというケースも、今後はお客様や取引先様とよりweb上でやりとりをする機会が増えることも予測されています。

そんな中で、社内でお客様や取引先様とやりとりする際に、味気ない内装よりも、おしゃれな内装や明るい雰囲気の内装は、相手が会社に対して柔らかいイメージや好印象を抱くことがあるとのことです。

画面を通してのやりとりでは、観葉植物やおしゃれな背景が商談に大きく影響する可能性があるというのは、これまでになかった視点です。

よりクオリティの高い内装にご興味のある方は、洗練されたデザインのシートを用いたDボード(パネル工法)をおすすめします。

Dボード(パネル工法)は、各メーカーの高級化粧シートを自社工場でパネルにするため、短い工期で仕上げることが可能です。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら